東急は2022年に新規開業となる「東急新横浜線」。新駅の名前が「新綱島」に決定しました。

ネット上では「そのまんま」という声も聞かれていますが、綱島駅から歩ける点と、綱島駅周辺の人から投票を受けたということを考えれば、「新綱島」は適当な名前なのかもしれませんね。

東急新横浜線の新駅が決定 東急としては20年ぶり

東急新横浜線は、東急線日吉から新横浜を経由して相鉄線横浜国大に抜けるルートで、10.0kmの連絡線を新設する計画です。この連絡線を活用して「東急新横浜線」と「相鉄新横浜線」を2022年度下期に開業させる予定です。

東急新横浜線が完成することによって東急線から新幹線のアクセスも向上することになります。

2020年に開業した相鉄・JR直通線に続き、国と神奈川県、横浜市の支援を受けて行っている事業です。

なぜ新綱島駅に駅名が決定? 沿線住民が駅名を選んだ形に

なぜ新綱島駅に決定したのでしょうか?もしかすると、違う駅名になってほしいと思っていた人もいるかもしれません。住所が「神奈川県横浜市港北区綱島東一丁目」となっているため、東綱島となってほしいという方もいたのではないでしょうか?

しかしながら、今回の新綱島駅の決定は、多数の駅名候補から決定したもので、「多くのお客様に支持され。新しい駅だと分かりやすくするために」という思いも東急電鉄はあったと発表しています。駅のコンセプトも「綱島の街の移り変わりを感じる駅」としていま

駅名募集結果が面白かった?なんと2位は温泉?一体なぜ?

今回の駅名投票は2020年夏に港北区在住・在職・在住の人を対象としておこなわれました。1898票の投票があり、1位は新綱島、2位綱島温泉、3位東綱島、4位 綱島東、5位大綱橋、6位綱島街道、7位綱島リバーサイド、8位鶴見川、9位港北綱島、10位は綱島桃園でした。

なかなか個性があって面白いと思いました。

新駅になっていたら面白かった駅をピックアップ
  • 綱島街道・・・なんか各駅停車しか止まらなそうで、古くさい名前かも?
  • 綱島リバーサイド・・・ホテルはリバーサイドと歌ってしまいそうな駅。ちなみにリバーサイド綱島というマンションは既に建っています。
  • 鶴見川・・・これになっていたら、JR鶴見駅から鶴見~鶴見川まで徒歩で歩くyoutuberがいたかもしれません。ちなみに徒歩だと1時間15分かかるそうです。徒歩連絡できるのに、駅名が違うと混乱を招いていたかも?東急新横浜線自体が地下化されてしまうので、川自体は見えないですね。
  • 港北綱島・・・首都高のインターチェンジにありそうな名前ですね。(2020年に首都高速K7が開通し、横浜港北JCTができました)
  • 綱島温泉・・・綱島に温泉なんてあったんだ!と思った人も多いはず。

ちょっと気になったのは2位の「綱島温泉」ですね。まさか東急線で温泉が湧いているところがあったなんて知らなかったという人も多いかもしれませんね。

一時期は綱島温泉は「東京の奥座敷」と呼ばれているくらい賑わっていたそうですが、今は日帰り温泉しかないみたいですね。東海道新幹線開業で箱根・熱海・伊豆の温泉街に客を奪われてしまったのが原因のようです。泉質は炭酸泉で泉温は18℃のぬるま湯ですね。

今回は駅名として選ばれませんでしたが、ちょっと綱島温泉という駅名は地味だと思うので、高輪ゲートウェイのように「綱島ホットスプリング」みたいな名前にしていたら話題性を集められたかもしれませんね。

話はそれましたが、新綱島駅が開業することは喜ばしいことですね。綱島周辺が新駅によって発展していけばいいですね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事