JR東日本は東北・上越・北陸新幹線のトンネル区間でも、通話やインターネット通信ができるようにトンネル内に携帯電話アンテナを設置することを発表しました。

トンネル区間でも電波が入るように

新幹線のほぼ全ての区間で携帯電話サービスは利用できましたが、一部対応していない区間がありました。今回の改良で7月23日から東北・上越・北陸新幹線の全ての区間で携帯電話サービスが利用できるようになります。

また秋田新幹線では2020年夏まで、山形新幹線では2020年内でそれぞれ全線で対応するように進められています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事