2022年2月16日、山陰観光連盟は381系の国鉄特急色への塗り替えが行われるのではないかと、話題となっています。

しかし、明確な根拠が乏しく一部では憶測と言われています。

381系やくも国鉄特急色復活説は一体なぜ?!

やくも381系国鉄特急色
山陰観光連盟より

こちらが実際の様子です。一度塗装がはがされ、再度塗装されている様子が分かります。

この画像が国鉄特急色に使用される「クリーム4号」を使用していると話題となり、381系国鉄特急色復活が話題となっています。

確かに、381系国鉄特急色復活の可能性はあります。それは日本で初めての鉄道(新橋~横浜間)が開業してからちょうど150周年ということです。この記念すべき年に、381系国鉄特急色復活が行われるのではないかと期待感が高まっているのです。

しかしながら、一方で憶測という意見も出ています。

一方で憶測との意見も 冷静な声も広がる「国鉄特急色復活」匂わせは一切なし

その一方で「憶測ではないか」という意見も出ています。先ほどの塗装ですが、車両を塗装する前に行う「下地塗り(パテ塗り)」であるという指摘がされています。

つまり、国鉄特急色ではなく、他のやくもと同じ塗装となる可能性もあります。

ちなみに、今回の山陰観光連盟のツイートには「381系国鉄特急色」に関する記述はありません。また、「匂わせる」文章もないことから、「381系国鉄特急色復活」はない可能性が高いです。

ただ、鉄道ファンの間で「そうあってほしい」という願望でバズっただけという可能性もあります。

とはいえ、国鉄特急色が復活すればそれはそれで嬉しいですね。今後の情報に注目です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事