JR6社路線全体の57%が廃線に値するということが明らかとなりました。

廃線対象となる路線はどれくらい?

JR北海道・JR西日本は鉄道自体が新型コロナウイルスの赤字から維持できないということから、バス転換などを検討しています。

国鉄の廃止基準である輸送密度4000人の線区が対象ということが国鉄時代の廃止基準でした。

それを基準にJR6社の輸送密度から「廃線対象」となる路線は全体の約57%だったということです。

今後、地方自治体へバス転換を申し入れるか、維持費について地方自治体に求める方針となりそうです。

JR西日本の廃止対象路線は?

あくまで予測となりますが、廃止対象路線についてまとめてみました。(輸送密度4000人以下)

  • 芸備線・・備後落合~東城など
  • 大糸線
  • 福塩線
  • 因美線
  • 木次線
  • 姫新線
  • 越美北線(九頭竜湖線)
  • 山陰本線・・・益田から長門市間など
  • 小野田線
  • 美祢線
  • 山口線・・・津和野~益田間など
  • 関西本線・・・亀山~加茂
  • 紀勢本線・・・新宮~白浜など
  • 播但線
  • 岩徳線
  • 加古川線
  • 高山本線
  • 宇部線
  • 氷見線
  • 城端線
  • 吉備線
  • 七尾線

これだけの路線が消えてしまうとなれば、鉄道の旅には大きく影響が出るのではないでしょうか?今後の情報に注目していきたいところです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事