1月5日、E217系Y-111編成が検査のために東京総合車両センターに入場しました。

置き換えのはずが続々と検査入場

先日国府津車両センターから返却されたY-48編成+Y-111編成ですが、1月5日にY-111編成が検査のために東京総合車両センターに入場しました。

1月4日のY-21編成に続く形で入場しましたが、検査が近い=運用離脱 ではないということになります。また疎開している編成も検査が近いというわけではなく、返却され運用に入った例もあります。

なので基本的に検査期限で離脱になる傾向があるものの、検査ペースが置き換えペースよりも早いため、今後も検査入場がある可能性はあります。ただ離脱は検査順です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事