11月22日、E233系7000番台ハエ131編成が通常は入線しない相鉄線横浜駅に入線しました。同編成は本日に限り1日中相鉄線内のみを往復する可能性があるので紹介します。

E233系が1日中相鉄線に!?

本日相鉄線の55運用にはJR東日本の車両であるE233系7000番台ハエ131編成が入っています。この運用は基本的に横浜~海老名間を往復する運用で、通常はJR車が運用に入ることはありません。

ダイヤ乱れなどが起こった場合は代走で入ることがありますが、今回はなぜか朝から運用に入っています。本来55運用に入る予定だった相鉄8000系8709Fはかしわ台車両センターに停車中です。

この8709Fになにか問題が生じて運用に入れなくなったものの、55運用は相模大塚駅電留線から出庫する関係で他の相鉄車を代走に回せなかった可能性があります。結果的に朝から相鉄線内のみをひたすら往復する運用に入ってしまったE233系ハエ131編成ですが、過去に実績があるものの相鉄横浜入線や「快速横浜行」などのレア種別なので注目が集まっています。

運用がわかっているので撮影は簡単なのですが、いつ車両交換をするかはわかりません。先日はダイヤ乱れで初めてE233系がJRの横浜駅に入線したことが大きな話題になりました。

https://japan-railway.com/entry/2020/11/17/174834

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事