今回は高崎線に普段は走らない特急踊り子がやってきたということで、なぜ走ったのかについてもまとめてみました。

特急踊り子が高崎線にやってきた理由

特急踊り子号とは、東京~熱海・伊東・伊豆急下田方面に行く特急列車です。最近国鉄時代から引き継いだ185系車両が老朽化してきたため、元々中央線・房総特急で使っていた特急列車を「リニューアルして」導入しています。(新型車両という表現ではないのは、中古車を改造して投入したから。)

もちろん、高崎線では特急踊り子は普段走ることはありません。

では一体なぜ、特急踊り子号が高崎線を走ったのでしょうか?

【衝撃】伊豆を走る踊り子号の行先は秋田?

今回高崎線を走った踊り子号ですが、なんと行先は秋田まで走ったということなんですね。ここで写真をよく見ると電気機関車が連結されているのがよく分かると思います。

なぜ、電気機関車が連結しているかというと、踊り子号が自走することができないから(厳密にいえば走れない区間があるから)、機関車に引っ張ってもらう必要があるからです。

なぜ、特急踊り子号が秋田まで行くかというと鉄道ファンからは「AT入場」と呼ばれる目的があるからです。「AT入場」とは秋田車両センターの頭文字(AT)をとって、そう呼ばれています。

AT入場の目的は検査・機器更新が主な理由です。今回の特急踊り子号も元々房総特急として活躍していた車両を踊り子号として使用するために改造を行い、輸送されました。

高崎線沿線の方はたまに普段見かけない車両が来たら、調べてみると新しい発見があるかもしれませんね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事