2020年7月22日から開始される「Gotoトラベルキャンペーン」。しかし、16日には「東京都発着の旅行」「東京都に居住する人」の旅行をキャンペーンの当分の間は対象外にし、事業の対象外・割引支援は行わない発表を行い、17日には「若者・高齢者の団体旅行」を対象外にすると報道がありました。

赤羽国交相「若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行は控えていただく」と発言 ただし、修学旅行は対象へ 対象外の旅行へのキャンセル料の補填はなし

17日11時ごろ赤羽国土交通大臣が会見を行いました。今回の「若者と高齢者・大人数宴会が伴う場合旅行をお控え頂き、ご協力いただけない場合は対象外とする」と発言をしています。ただし、修学旅行は教育旅行のため対象外という方針も発表しています。

団体旅行に該当するものがどこまでなのか分かりませんが、JR各社では8人以上としていることから7人以下であれば団体旅行に該当しない可能性があります。ただし、バスや列車で同一車両・列車に8人以上乗車している場合は申込単位が1名であっても対象外となる可能性があります。また、若者・高齢者の年齢の範囲がどこまでの範囲なのかは現在検討中としています。

今回東京都を居住者・発着の対象外が発表されましたが、国から「キャンセル料を無料にする」という措置は指導しないとの方針を示しました。中小の旅行会社では経営的に厳しい場合もあるためと説明をしました。よって、キャンセル料の補填は国からは行わず、旅行会社の判断に任せる形になります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事