現在JR北海道が所有している函館本線のうち通称「山線」と呼ばれている小樽~函館間について、NHKが実施したアンケートによりますと、沿線自治体が「北海道新幹線開業後に廃止を検討している」ということです。

函館本線「山線」とは?

函館本線の山線と聞いて分からない方もいると思うので説明しますが、函館本線そのものは函館~長万部~小樽~札幌~旭川までを指しています。

ただし、実際の運転経路は函館~長万部までは函館本線、長万部から先は室蘭本線に入り、札幌に移動するというのがメインルートとなっています。

山線は基本的にローカル輸送となっており、JR北海道の中でも、ダイヤ改正がされるごとに減便されるほど、北海道新幹線が開業していない今も利用客が少ない路線です。

山線廃止したらどうなる?

可能性としてゼロではありませんが、函館本線山線が廃止になってしまったらどうなるのでしょうか?

沿線自治体が維持しないなどの理由で、山線が廃止になった場合、通常時はあまり困ることはないかもしれません。もちろん、沿線の通学で鉄道が使われている区間だと、バスによる輸送などを行わなくてはならないという面では不便と感じるかもしれません。

確かに普段はあまり必要がないと感じるかもしれませんが、実は山線が今でも残っているのには理由があります。それは「災害時の迂回路」としての役目です。

過去に山線が「特急街道」となった時期があり、これは有珠山噴火した影響で現在メインルートになっている函館~室蘭本線経由~札幌が使えなくなったため、山線経由で寝台特急などが運転された時期があります。

もちろん、貨物列車の輸送も行われ、本州から北海道の物流を支えました。もし、山線が廃止になってしまえば災害時に迂回することができなくなる可能性があり、物流にも影響が出てしまうでしょう。

北海道新幹線延伸後 長万部~函館まで廃線を沿線自治体が検討

今回NHKの実施したアンケートによると七飯町と長万部町が「廃止も検討」と回答し、1日の乗降客数が少ないことやバスの方が便利ということも理由の一つとなっているようです。

一般的には並行在来線となった場合は、沿線自治体が維持費を払って維持するということが通常です。しかしながら、「北海道新幹線が開通すれば函館・札幌への移動には困らないし、在来線で移動するような区間も利用者少ないし、在来線を維持しない方が得だよね」ということになります。

実際に並行在来線になった場合は多くの沿線自治体が「赤字を補填し続ける」のが実態で、場合によっては運賃・定期券についても大幅に値上げをしなくてはなりません。

在来線の方が新幹線より高額運賃になってしまった例も

実際に運賃・定期券がJR時代と比較して大幅な値上げとなったのは「旧東北本線」の区間です。東北本線はかつて上野から青森までつながっていましたが、現在は盛岡から先が第三セクターの並行在来線となっています。

特にこの区間は会社が分割されたこともあって、日本でも珍しい「在来線の方が高く新幹線が安くなってしまた」という珍しい区間になります。(とはいえ数十円ですが・・・)盛岡~新青森は新幹線なら5720円ですが、在来線だと5780円となり、60円高い区間が存在します。

実際にそういった路線もあり、沿線自治体が負担を強いられるケースも存在します。そのため、今回の函館本線のケースでも無理して並行在来線を引き取らなくてもいいのではないでしょうか?

ちなみに並行在来線を引き取らなかった例はないため、もし引き取らなかった場合は全国で初の例になります。

並行在来線を沿線が引き取らなかったら誰が維持?

並行在来線を沿線が維持しないといった場合にはどうなるのでしょうか?「物理的にレールが無くなる」というのはないと思います。もし、レールが無くなってしまうと貨物輸送は全て船に変えるか、新幹線に変えるかということが必要となってきます。

並行在来線を沿線が維持しないといった場合には「国またはJR貨物が維持する」ということになるのではないでしょうか?JR貨物が線路を所有するとも思えないので、恐らく国で維持することになるでしょう。

列車に乗客を乗せることは行われないため、長万部~函館間で旅客営業を廃止する区間の駅は終端部を除いて廃駅になるでしょう。

まとめ

最後に今回の内容をまとめると、長万部~函館間で廃止を検討している自治体もあり、函館本線自体が北海道新幹線開業後に維持されるのかということが焦点となってきます。

沿線自治体にとっては「慎重な判断」が要求され、バスに転換するか鉄道で維持するのか迫られることになります。

ただ、現在の函館本線の函館~長万部・山線区間を維持するには沿線自治体には大きな負担をすることになり、特に人口が減少している地域では重い負担になってしまいます。

「並行在来線は要りません」という事例は過去にはありませんが、今回の北海道新幹線の並行在来線問題では全国初の事例が出てもおかしくないのではないでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事