JR東日本は東北新幹線で時速360kmでの試験走行を行い、5Gの通信に成功したと発表しました。これは国内最高速度の記録となり、地上とALFA-Xの車内の双方向で、4Kと8Kの映像を5Gで安定的に伝送する実証実験に成功したということです。

今回の実験の内容

今回の実験内容ですが、2020年10月~12月までの間の2か月間で行われました。

実験区間は東北新幹線仙台~新青森間の一部区間で行われました。

周波数帯は4.85GHzで帯域幅は100M㎐です。基地局を線路沿い2カ所に設置し、ALFA-Xを車内に設置、走行速度は時速360kmです。

ビームフォーミング機能、ビーム追従機能、ハンドオーバー機能、ドップラー補償機能を搭載しています。

実験結果

今回時速360kmの時に以下の実験結果が得られました。

  • 通信効率の改善により、移動局の受信時最大500Mbps以上、送信時最大100Mbps以上の通信速度を達成しました。
  • 通信速度を劣化させることなく基地局の切り替えができることを確認しました。
  • 地上基地局と ALFA-X 車内の双方向で、4K と 8K の高精細映像コンテンツを安定して伝送できることを確認しました。
  • 具体的には、約30分間の4K映像コンテンツを約1分の通信時間でダウンロードすることに成功しました。
  • また、2 つの基地局により約5km の安定した 5G 通信エリアを構築できたことで、4K と 8K の映像コンテンツのストリーミング再生にも成功しました。

今後の展望

今回の実証実験により、新幹線に代表される高速鉄道においても、安定した 5G の高速通信が実現できること
を確認しました。これにより、高速鉄道における 4K や 8K などの高精細映像の伝送など、これまで実現することが難しかった新たなサービス提供の可能性が広がります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事