JR東日本は通勤時間帯に時差通勤をした人に対して「オフピークポイント」を導入すると発表しました。

また、同一運賃区間での利用が月に10回を超えた場合は回数券のように運賃分1回無料とする「リピートポイント」を進呈すると発表しました。

時差通勤で「オフピークポイント」月10回以上利用で「リピートポイント」

時差通勤でオフピークポイント対象・期間限定

今回の時差通勤での「オフピークポイント」は2021年3月15日~2022年3月31日に実施されます。平日朝に「JRE POINT」と紐づけをしたSuica通勤定期券が対象で、対象エリアの駅で入場した時間帯でポイントが付与されます。紐づけはJREPOINTサイトで行えます。

ただし、FREX定期券・通学定期券・グリーン定期券は対象外となります。

早起き時間帯に入場すると15ポイント、ゆったり時間帯に入場した場合は20ポイント還元します。

山手線

例えば東京駅に6時30分~7時30分までの間までに入場すると早起きポイントが15ポイントが進呈され、9時~10時までに入場するとゆったり時間帯ポイントが20ポイント進展される仕組みとなっています。

京浜東北線・宇都宮線

常磐線各駅停車・快速線

高崎・埼京線

成田線・東金線

外房線・内房線

京葉線・総武快速線・総武線各駅停車

武蔵野線

青梅線・五日市線

中央快速線・中央線各駅停車

相模線

東海道線・横須賀線

南武線・南武支線

横浜線・鶴見線

「リピートポイント」通年実施へ 回数券代わりになるか

オフピークポイントとは別に「リピートポイント」もサービス開始になります。これは同一運賃区間の利用が月内に10回利用した場合に運賃1回分相当のJREPOINTを還元します。さらに月11回以上の利用で、1回ごとに運賃の10%相当のJREPOINTを還元するということです。

このサービスは2021年3月1日からサービス開始になり、通年で実施されるものとなります。

例えば同一運賃区間(220円区間)で月10回以上利用した時点で220ポイント還元、その後11回以上の利用で、利用一回ごとに22ポイントずつ還元する仕組みになっています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事