JR東海はN700Sダイヤ・時刻表についてこれまで当日まで非公開としていましたが、この度3月13日~6月30日までの列車についてN700Sで運転される列車を公表すると発表しました。

今回は運転される時刻表についてまとめました。

N700S運転ダイヤ・時刻表(3月13日~6月30日まで)

下り(静岡・名古屋・京都・新大阪方面)

こだま703号新大阪行き

東京6:57発→品川7:04→新横浜7:15→小田原7:35→熱海7:43→三島7:55→新富士8:08→静岡8:21→掛川8:36→浜松8:51→豊橋9:08→三河安城9:25→名古屋9:37着9:43発→岐阜羽島9:58→米原10:16→京都10:36→新大阪10:51

ひかり633号新大阪行き

東京7:33発→品川7:40→新横浜7:51→小田原8:07→名古屋9:14着9:19発→岐阜羽島9:35発→米原9:53→京都10:13→新大阪10:27

のぞみ207号新大阪行き

東京8:00発→品川8:07→新横浜8:18→名古屋9:39着9:41発→京都10:16→新大阪10:30

のぞみ213号新大阪行き

東京9:00発→品川9:07発→新横浜9:18→名古屋10:39着10:41発→京都11:16→新大阪11:30

こだま727号新大阪行き

東京12:57発→品川13:04→新横浜13:15→小田原13:35→熱海13:43→三島13:55→新富士14:08→静岡14:21→掛川14:36→浜松14:51→豊橋15:08→三河安城15:25→名古屋15:37着15:43発→岐阜羽島15:58→米原16:16→京都16:36→新大阪16:51

こだま733号名古屋行き

東京14:27発→品川14:34→新横浜14:45→小田原15:05→熱海15:13→三島15:25→新富士15:37→静岡15:52→掛川16:08→浜松16:23→豊橋16:39→三河安城16:56→名古屋17:06

のぞみ247号新大阪行き

東京17:39発→品川17:46→新横浜17:58→名古屋19:16→京都19:52→新大阪20:06

のぞみ253号新大阪行き

東京19:00発→品川19:07→新横浜19:18→名古屋20:39着20:41発→京都21:16→新大阪21:30

のぞみ257号新大阪行き

東京20:00発→品川20:07→新横浜20:18→名古屋21:39着21:41発→京都22:16→新大阪22:30

上り(東京・品川・新横浜方面)

のぞみ204号東京行き

新大阪発6:15→京都6:29→名古屋7:03→新横浜8:20→品川8:31→東京8:39

のぞみ210号東京行き

新大阪発7:39→京都7:54→名古屋8:28→新横浜9:47→品川9:58→東京10:06

ひかり648号東京行き

新大阪発11:18→京都11:33→米原11:57→岐阜羽島12:15→名古屋12:25着12:25発→豊橋12:51→新横浜13:54→品川14:05→東京14:12

のぞみ236号東京行き

新大阪発16:15→京都16:30→名古屋17:04→新横浜18:26→品川18:38→東京18:45

のぞみ242号東京行き

新大阪発17:15→京都17:30→名古屋18:04→新横浜19:26→品川19:38→東京19:45

こだま748号東京行き

新大阪発17:54→京都18:10→米原18:33→岐阜羽島18:51→名古屋19:02着19:08発→三河安城19:24→豊橋19:41→浜松19:58→掛川20:10→静岡20:25→新富士20:41→三島20:54→熱海21:02→小田原21:14→新横浜21:29→品川21:40→東京21:48

こだま754号東京行き

名古屋発20:38→三河安城20:52→豊橋21:09→浜松21:25→掛川21:38→静岡21:57→新富士22:11→三島22:27→熱海22:35→小田原22:45→新横浜22:59→品川23:11→東京23:18

ひかり668号東京行き

新大阪20:45→京都21:00→名古屋21:35→浜松22:06→静岡22:28→小田原22:54→新横浜23:09→品川23:20→東京23:27

注意点

注意点としてはここに書かれているダイヤ・時刻表はあくまで通常時の時刻となります。もし、遅延が発生した場合にはこの列車通り動くとは限りません。

また、ここに記載している列車以外でもN700S車両を使用して運転される日があるということです。

今回発表された列車は通常通り指定席の発売を行います。

JR時刻表に「N700S」が記載される

2021年2月のJR時刻表には3月のダイヤ改正以降運転される列車についてN700Sで運転される場合にはJR時刻表に「N700S」の表記が追加されました。今までどの列車にN700Sが入るかは当日JR東海に電話をしなければ分かりませんでしたが、これで運用がある程度分かったので、N700Sに乗りたいという人は狙って乗ってもいいかもしれませんね。

JR時刻表は書店などで購入ができますので、購入してみてはいかがでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事