9月3日、E257系500番台マリNB-13編成が秋田総合車両センターに入場配給されました。

光量減少にバルブ勢お怒り

https://twitter.com/IamIKT/status/1301461973184294916?s=19

房総特急から運用を離脱していたE257系500番台マリNB-13編成が特急踊り子への転用改造のため、京葉車両センターから秋田総合車両センターに向けて配給輸送されました。牽引はEF81-139です。

また途中の駅で停車した際に機関車が前照灯を消灯させたことに対しては撮影者からは不満の声が上がっています。光量が少なくなるで撮影がしずらくなることから現場では罵声があったとの情報もあり、ツイッター上でも鉄道会社に対して陰湿だなどのコメントがありました。

その他の駅でも消灯していたとの情報があり最近JR東日本では配給を撮らせないようにする傾向があります。スーパービュー踊り子はそれが顕著でスジを毎回変更していました。今回のように当たり前に三脚を使われてはそうせざるを得ないでしょう。バルブ勢に対して光量を奪うのは効果抜群ですね。

https://japan-railway.com/entry/2020/08/21/121644
https://japan-railway.com/entry/2020/03/13/203006
https://japan-railway.com/entry/2020/05/20/200519
https://japan-railway.com/entry/2020/09/02/230659

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事