JR九州は2020年11月の3連休に特急列車を11月1日から運休としていた列車について、一部で運転を再開すると発表しました。

あくまで追加運転ではなく、当初運休を予定していた列車について、運休を取りやめて本数を増やすものです。

今回本数増となる列車「ソニック」「かもめ」

今回本数増となる列車は「ソニック」「かもめ」で運転される列車は次の通りです。

〈ソニック 博多→大分〉

ソニック 9 号 博多 9:01発大分 11:06着
ソニック13号 博多 9:57発大分 12:00着
ソニック17号 博多 10:57発大分 12:58着
ソニック21号 博多 11:57発大分 13:59着
ソニック25号 博多 12:57発大分 15:00着

〈ソニック 大分→博多〉

ソニック26号 大分 11:45発 博多 13:46着
ソニック30号 大分 12:45発博多 14:46着
ソニック34号 大分 13:45発博多 15:47着
ソニック38号 大分 14:45発博多 16:47着
ソニック42号 大分 15:45発博多 17:49着

〈かもめ 博多→長崎〉

かもめ 15 号 博多 10:15発長崎 12:20着

〈かもめ 長崎→博多〉

かもめ 28 号 長崎 15:46発博多 17:52着

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
阪急
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
かつて阪急神戸線と阪急京都線の直通運転と新大阪乗り入れをするために建設される予定だった「阪急新大阪連絡線」の計画がありました。 それについて...