Twitter上で東横インの朝食がしょぼくなったと話題になっています。旅行に欠かせないという人もいるでしょう。一部では新型コロナウイルスの影響と言われています。一体どのくらいしょぼい朝食が出たのでしょうか?

【Twitterで話題】東横インのしょぼくなった朝食 なぜ朝食を改悪できたのか

こちらがTwitterで話題となっているしょぼくなった東横インの朝食です。ツイートをした方は新型コロナウイルス前に比べて「しょぼくなった」とコメントをしています。

画像からは2切れのたけのこ・味噌汁・ごはん(ふりかけ付き)が見受けられます。リプ欄を見ると「東横インに豪華さを求めるな」という趣旨の意見もありますが、「標準的な朝食か」「とりあえず出されている朝食」かで大きく異なります。今回出された朝食はもちろん後者に該当するでしょう。

新型コロナウイルスの影響とはいえ、なぜ朝食を改悪することができたのでしょうか?

ホテルの客室などはどこでもほぼ同じだが、朝食のメニューは各ホテルで決められる

東横インといえばホテルの設備がどこに泊まってもほぼ同じというのが特徴のホテルです。しかしながら、朝食については違うようです。

東横インのホームページで朝食について調べてみると各ホテルによって朝食は自由に設定することが可能とのことで、つまり「改良」するのも「改悪」するのも店舗の判断によります。

中には今回のようなしょぼい朝食ではなく豪華な食事を売りにしているホテルもあるようです。

朝食について多少の差異は仕方がないという考えもできますが、今回の場合は改悪されすぎという感じがします。東横インの宿泊料金はほぼどのホテルも同じで、変動するとすれば立地によるものなどが考慮された代金のみとなっています。

今後東横インを利用し朝食で失敗したくない人は、事前に口コミなどを調べてホテルを選択するなどの対策が必要になるでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事