JALは通常運賃から最大約90%割引キャンペーンを実施しています。

また、予約した後でも取り消し手数料無料キャンペーンも同時に実施しています。

2020年10月30日現在、2021年9月25日搭乗分まで発売しています。

【安すぎる】JAL、通常運賃から最大約90%割引  28日前に予約が必要

JALは通常運賃から最大約90%割引をJALで運行している東京⇔大阪、東京⇔那覇、東京⇔福岡、東京⇔札幌などで実施します。(ただし、那覇~北大東、南大東などの離島路線は除きます。)

表記は最大約90%となっていますが、実際の最大割引率は88%で特定の期間に限定されています。

割引率が最大となる期間は2021年7月までの期間では、2021年5月6日、12~13日、

18~20日、24日~27日、31日、6月1日~5日、7日~12日です。

JALによると特定期間のうち、さらに特定の便に絞られるということで、例えば名古屋(中部)~札幌(新千歳)の場合はJAL3117便などが対象になるということです。

最大90%割引となる先得割引の区分

先得割引の区分としては次の区分に分かれます。それぞれ名称が異なりますが、同じ「先得割引」となります。

・75日前までの予約「ウルトラ先得」

・55日前までの予約「スーパー先得」

・45日前までの予約「先得割引タイプB」

・28日前までの予約「先得割引タイプA」

また、先得割引とは区分は別になりますが、28日前を過ぎてしまっても「特便割引」という割引があります。

【予定が変わっても安心】先得割引は取り消し手数料無料も 

JALでは通常先得割引からほかの便へ変更した場合は通常「取り消し手数料」というもがかかりますが、現在のところ無料となっています。

通常54日前を過ぎて予定が変更となった場合、通常期だと最大で運賃額の50%の「払い戻し手数料」がかかりますが、特別期間のみ440円となっています。

これは新型コロナウイルスの影響を考慮して特例措置で運賃が設定されています。

ただし、予約方法としては先得割引から通常の航空券への直接変更はできず、一度払い戻しをしてから新規に購入することが必要となります。

新型コロナウイルスの影響で航空会社都合で別の便に振り替えられ、乗り継ぎが不可などの事態が発生した場合はコールセンターに連絡すると払い戻し手数料なしで他の便への振り替えができる場合があり、その場合は乗り継ぎの関係で航路が変わってしまった場合にも先得割引で予約運賃で目的地まで移動することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事