JR東日本は2021年3月13日のダイヤ改正で引退した「男鹿線・五能線 キハ40・48形」について旅行商品を発売すると発表しました。今回の列車は団体臨時列車として運転されます。発売は秋田発着と仙台発着で発売されます。

男鹿線 時刻表・日程・料金

今回の男鹿線ありがとうキハ40・48形団体臨時列車は秋田~男鹿間を往復して運転します。

運転される日程は2021年4月18日で、運転時刻は秋田駅を9時51分発、男鹿には10時45分に到着します。また、折り返しは男鹿15時00分に発車、秋田には15時56分に到着します。

また、車内ではこれまでキハ40・48形に関わってきた社員が主体となって企画したイベントが行われるということです。

値段は秋田駅発着で5300円、仙台発着で33000円となっています。

また、イベント中の昼食はつきません。

五能線 時刻表・日程・料金

今回の五能線ありがとうキハ40・48形団体臨時列車は秋田~能代間で運転します。

運転される日程は2021年4月25日で秋田駅10時05分発、能代11時30分着、キハ40・48形の撮影会を行った後に東能代15時18分発、秋田16時16分着で運転されます。

値段は秋田発で7200円、仙台発着で2万7800円です。

また、イベント中の昼食はつきません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事