7月13日、下諏訪駅近くの踏切で乗用車同士の事故があり1台が線路内に進入しました。

追突され線路内に

中央本線下諏訪駅付近の踏切で踏切待ちをしていた車に乗用車が追突をし、線路内に侵入してしまいました。撤去作業のため、岡谷~茅野間で一時運転を見合わせ、特急列車など5本に最大51分の遅れが出ました。

線路に並行する形で国道があり、スペースがないため踏切待ちをする場合は国道上に停止することになります。地理的な要因もありますが、このように追突されて線路内に押し出されてしまうケースもあるので、十分気をつけてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/c1024534/public_html/japan-railway.com/wp-content/uploads/2021/01/PSX_20210105_223942-1024x683.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/c1024534/public_html/japan-railway.com/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
E217系
“初の廃車” E217系Y-44編成が長野に廃車配給 E217系動向まとめ
1月5日、E217系クラY-44編成が長野総合車両センターに廃車配給されました。 E217系としては初の廃車に 先日運用から離脱し、鎌倉車両...