JR東日本は2021年7月21日から運転予定だった夜行新幹線やまびこ422号など4列車を運転中止とすることを発表しました。

今回の夜行新幹線運転は鉄道ファンからも注目されていた列車でしたが、正式に幻の列車となった形です。

また、運転中止の理由は夜行新幹線自体の希少性から鉄道ファンが多く乗車することが想定されるため、というのが原因のようです。

東京2020オリンピックで運休となった臨時列車

運休となったやまびこ422号などの夜行新幹線

運休となったのはやまびこ411号仙台発盛岡行き、413号仙台発盛岡行き。停車駅は仙台、古川、くりこま高原、一ノ関、水沢江刺、北上、新花巻、盛岡です。

やまびこ422号仙台0時45分発4時20分着の夜行新幹線を含む4列車(やまびこ244、402、412、422号)。停車駅は仙台、福島、郡山、大宮、上野、東京で宇都宮には停車しないやまびことなってしました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事