1月2日、N700Sが初めて山陽新幹線区間各停タイプのひかり号東京行きに充当されました。

N700Sが西明石に停車

N700S J8編成ですが量産編成としては初めて山陽区間各駅タイプのひかり号に充当されました。N700SはまだJR東海所属の車両しか製造されていますが、山陽新幹線区間にも直通します。

主にのぞみ号博多発着などとして充当されてきましたが、今回充当された岡山発東京行きのひかり504号は山陽新幹線区間は各駅停車のタイプです。試運転などではありましたが、N700S量産車としては初のひかり号として営業運転での西明石停車になりました。

またN700Sが西明石に停車するタイプののぞみ号にも充当されたということで、今後さらに山陽新幹線直通が本格化するのではないでしょうか。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事