9月25日、長野電鉄では3600系L2編成がラストランを迎えました。ラストランに伴い以前からイベント列車が運行されていますが、撮り鉄ではなく乗り鉄による危険な行為がありました。

車内から危険行為で撮影妨害

長野電鉄では3600系L2編成引退に伴いイベント列車を運行しています。期間は9月14日~18日・23日~25日で本日9月25日が最終日です。期間中普通列車運用には入りません。午前の部と午後の部に分かれていてそれぞれ1往復するので8日間で計16往復します。事前申込制で1回10000円と少々割高ですが、特典に須坂駅構内での撮影会の実施、沿線におけるL2編成の撮影と限定商品等のプレゼントがあります。

日頃より長野電鉄をご愛顧いただき、ありがとうございます。「列車撮影のみのために」当社沿線にお越しになる場合、特定の箇所に多くの皆様が集まることが予想されます。沿線にお住いの皆様が不安に思うことを避けるためにも、多くの特典を設けた本イベントにぜひご参加ください。

≪長野電鉄より 「3600系L2編成」の引退を惜しみお越しになる皆様へ≫

また沿線で撮影をする人向けにこのような注意書きもされました。

ラストランといえば撮影で荒れるイメージですが、今回はイベント列車に乗車している乗り鉄による危険な行為がありました。窓ガラスを空け、紙のようなものを外に向かって見せつけているようです。何かを伝えたいわけでもなくただの白紙です。一体なぜこのようなことをしたのでしょうか。

実はこういったことは以前にもあり、窓から顔を出したり、不適切な画像や文字が書かれた紙を使ったり方法は様々ですが、どれも撮り鉄による撮影を妨害するためです。

車外に顔や紙類を出すことによりせっかくの編成写真が台無しになります。また書かれている内容が卑猥なものだと効果はさらに高まるでしょう。陰湿なので大きな騒ぎにはなりませんが、珍しいことではありません。

撮影の邪魔をして何になるのかは不明ですが、車外に手や足を出すのは重大事故に繋がる非常に危険な行為です。誰もが知っていることに思えますが、撮影の妨害に夢中で忘れてしまっているようです。

わざわざ10000円も払ってイベントに参加しているのにすることが非常に残念ですね。

https://japan-railway.com/entry/2020/09/20/170633
https://japan-railway.com/entry/2020/09/18/182324
https://japan-railway.com/entry/2020/09/16/170541
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事