今回は南海が難波~和歌山間で運行する特急サザンの指定席に乗ってきました。

難波~和歌山まで快適に移動できるのでおすすめです。

特急サザンの自由席と指定席の違い

特急サザンは自由席車4両(難波側)と指定席4両(和歌山側)で運行されています。特急列車ですが特急料金は不要です。指定席は座席指定券という形で発売されています。

手前が自由席車、奥が指定席車ですが手前の車両はロングシート(横並び)の席になっており、後で紹介する指定席はリクライニングのするクロスシートになっており差別化がされています。

特急サザンに実際に乗車してみた

今回紹介する特急サザンの指定席は比較的古い「南海10000系」という形式の車両で、平日運行される特急サザンの大半の列車と土休日運転の一部の列車に使用されています。今回乗車した車両は1985年にデビューしたもので34年間走っています。(2019年現在)

車内はレトロで今では珍しい内側に開く2枚扉

車内に入るとドアが内側に開くタイプの扉でした。かつては寝台特急などに使われていましたが、大阪近郊で見ることはあまりなくなり、珍しい方の部類に入ると思います。(近鉄とかはまだ残っていますが・・・)

座席の号車も幕ではなく、珍しいタイプのもので筆者はこのタイプを初めて見ました。(この方式の名前を知っている方がいたら教えてください。)

南海の指定席は座席番号が独特なので注意

もしかすると、南海の座席番号だけかもしれないのですが、筆者は初めて南海の座席指定車両に乗ったので指定された番号を見てもよく分かりませんでした。

通常JRなどの座席指定は「1A」と書いてあれば、進行方向左側の窓側と分かります。

しかし、南海では左から1,2,3,4と座席番号を付けていき、1列後ろは5,6,7,8と座席番号を付けていきます。知っている人はいいのですが、慣れていない人は注意しましょう。

座席は結構古め

今回乗車したのは1次車でした。フットレストがついてないタイプで、座席もかなり古いものでした。古い車両に乗りたい鉄道ファンからすると嬉しいのですが、一般の方だと不評かもしれませんね。

1992年製造の2次車はフットレストがついており、座席も比較的新しいものが使われています。

土休日を中心に新しい車両で運転 時刻表にはPのマーク

写真は泉北ライナー 形式は同じ12000系(特急サザンの12000系には出会えませんでした。)

土休日を中心に特急サザンには新しい車両の「12000系」が使用されます。また、土休日の時刻表では「Pマーク」がついているとこの車両で運転されます。

平日にも運行されますが、時刻表にはどの列車に「12000系」が使用されるか分からないので、平日利用される際は注意しましょう。一応南海のコールセンターに電話すると教えてもらえるようです。

座席や内装はこちらの方がおすすめ

南海12000系の方が座席が新しく見た目もきれいなものになっています。

南海より(http://www.nankai.co.jp/traffic/info/southern12000.html)

また、テーブルとフットレストのほか、座席コンセントも標準で装備されています。座席指定券の値段は同じ520円ですので同じお金を払うならこちらの方がおすすめです。

特急サザンに乗って2020年3月末閉園となる、「みさき公園」へ行ってきましたのでそちらもよかったらご覧ください。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2019/10/27/163952
https://japan-railway.com/entry/2019/10/27/163828
https://japan-railway.com/entry/2019/10/26/134645
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事