南海電車は特急ラピートなどで「すみっコぐらしラッピング列車」を運行すると発表しました。

すみっコぐらしは前回は阪急とタイアップしましたが、今度は南海でタイアップが行われます。

特急ラピート「すみっコぐらしラッピング」

南海特急ラピートすみっコぐらしラッピング 1号車~6号車イメージ
(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210707.pdf)

ラッピングが行われるのは南海50000系特急ラピートで、運転区間は南海本線・南海空港線の難波~関西空港間で運転されます。期間は2021年8月7日㈯~12月末頃までの運転となります。ラッピングは6両1編成のみとなります。

特急ラピート「すみっコぐらしラッピング」コンセプト

大きなめでたいお魚をさがしに、海へいくすみっコたちのストーリーを表現した列車にな
っています。車両側面の左から右に向かって、大きなめでたいお魚を探すストーリーに
なっています。

(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210707.pdf)

めでたい電車「なな」・南海1000系にもすみっコぐらしラッピング

南海めでたい電車 すみっコぐらしラッピング
(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210707.pdf)
(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210707.pdf)

めでたい電車「なな」の運転区間は和歌山市~加太間で、和歌山港線で運転する場合もあるということです。期間は2021年7月22日㈭~12月末まで運行されます。

南海1000系は6両編成1編成にすみっコぐらしラッピングが行われます。運転区間は高野線橋本~難波間のほか、泉北高速鉄道でも乗り入れが行われます。

めでたい電車「なな」すみっコぐらしラッピングのコンセプト

大きなめでたいお魚をみつけたストーリーを表現した列車になっています。
すみっコたちにもなんかいいコトがあったみたいです。

南海電車より(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210707.pdf)

南海1000系すみっコぐらしラッピングのコンセプト

大きなめでたいお魚を探しに、やま(高野山)や古墳(堺)を探す、すみっコたちのストーリーを表現した列車になっています。緑の車両には高野山、ピンクの車両には古墳、紫とオレンジの車両には和歌山をイメージしたパンダと温泉、赤の車両には住吉大社、水色の車両には南海の海を表現しています

南海電車より(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210707.pdf)
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事