2021年3月22日、小田急1000形の1092F(1092×10)が、同日付の運用を以て運用を離脱した模様です。

10両編成最後の未更新、今後はリニューアルか?

1092Fは長らく1000形10両編成のうち、唯一の未更新車として活躍を続けていました。

しかし、小田急エンジニアリングへ入場していた1055F(1055×4)の3両と1255F(1255×6)の5両、そして1081F(1081×8)の2両とで組み合わされた、新1097F(1097×10)のリニューアルが完了し出場、大野工場での検査へと移ったことからこのタイミングで1092Fが運用離脱したと思われます。

今後は小田急エンジニアリングへ入場の上で、リニューアル工事が施工されるのではないかと思います。

サムネイル画像提供:こつあず鉄道ちゃんねる

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事