250万円と格安に思いきや...

北条鉄道は、JR東日本から主に五能線で使われていたキハ40形1両を購入しました。2022年前半の運行開始を目指しています。国鉄時代の車両目当ての鉄道ファンを集めて増収につなげる狙いもあるとのことです。

北条鉄道は計3両の車両を保有していますが、昨年8月に単線のみから上下列車の行き違いができるようにしたため予備車両がない状態でした。

車体の構造や廃車のタイミングで都合の良かった同車両を250万円で購入し、年末に搬入する予定です。一見格安に思いきや改造費に1300万円かかる他、運搬費を含めると2900万円の予算が盛り込まれています。購入費は同社の筆頭株主の加西市が補助する予定です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事