長野総合車両センターに疎開していた185系OM03編成が解体線に移動しました。

6ヶ月以上待ってついに解体

長野総合車両センターの185系OM03編成(波動用6両)が廃車置き場へ移動しました。同編成は昨年12月24日に自走で同所に回送され、約6ヶ月疎開が続いていました。

なお解体線に移動する前から幕などの一部部品の撤去が確認されていました。部品は3月から5月に実施されたスタンプラリーの景品になると思われます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事