7月27日、箱根登山線に1000形1057Fが投入されました。

箱根登山線で置き換えが進む

https://twitter.com/JW201_MM195/status/1419857852450054151?s=19

箱根登山線としては初となる1000形リニューアル車が運用に入りました。赤い1000形の1060Fを置き換える形で1057Fが投入されました。ちなみに1060Fより1057Fの方が車齢は古いです。

初のLCD搭載車ということで注目が集まっています。車内放送は小田急タイプです。これで箱根登山線の車両は1051F(未更新)、1058F(赤塗装未更新)、1057F(リニューアル)になりました。

1060Fは既に大野に回送しておりクーラーの撤去が行われています。なお1051Fは海老名に入庫する予定で、今日で置き換えられる可能性があります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
阪急
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
かつて阪急神戸線と阪急京都線の直通運転と新大阪乗り入れをするために建設される予定だった「阪急新大阪連絡線」の計画がありました。 それについて...