JR東日本は「鉄道開業 150 年記念 JR 東日本パス」を発売すると発表しました。新幹線特急列車も乗り放題となる珍しいきっぷが発売される予定です。

鉄道開業 150年記念 JR東日本パスの概要

発売は2022年10月14日~10月27日の利用分が発売される予定です。利用はこのうち連続する3日間です。価格は大人2万2150円、子供1万150円となっています。今回のきっぷには北海道新幹線は含まれていませんが、指定エリアのJR東日本全線と青い森鉄道、IGR いわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、北越急行線、伊豆急行線、富士急行線、えちごトキめき鉄道線(直江津~新井間)の特急(新幹線を含む)・急行・快速列車の普通車自由席とBRTが乗り放題となるきっぷです。

予め座席の指定があれば新幹線特急列車の指定券4回まで利用可能となっています。

週末パスとの違いは?

週末パスとの違いは何でしょうか?今回エリアについては発表されていませんが、指定エリアのJR東日本全線となることから週末パスと利用範囲は近い可能性が高いです。

ただし、今回大きく違うのは「新幹線・特急券」がついていることです。新幹線は東北新幹線の一部と上越新幹線、山形新幹線、北陸新幹線の一部区間が乗車できるようになると思われます。

特急列車についても特急踊り子号などにも乗車することができます。ただし、全車指定席の列車が増えてしまったことで、指定回数を使い切らないかどうかは心配されるところになりそうです。

今後の情報にも注目です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事