185系踊り子撮影のために中央線の線路内に立ち入り列車の運行を止めた鉄道ファン2人が鉄道営業法違反の疑いで書類送検されました。

線路内侵入以外に密状態も

Originally tweeted by しくじり鉄 (@punpun_gorira) on 2021年3月24日.

鉄道ファンの男2人が2021年3月に185系撮影のために敷地内に立ち入った疑いで警視庁に書類送検されました。

2021年3月24日17時ごろ、185系廃車回送ねらいの鉄道ファンの男3人が、中央線の多摩川橋梁(立川~日野)付近で線路内に立ち入り、中央線が約30分運転見合わせとなりました。目出し帽を被って顔を隠している鉄道ファンも居てまるでテロリストですね。現場は他にも多くの鉄道ファンで混乱していました。

Originally tweeted by あさま (@Asama_take) on 2021年3月24日.

鉄道ファンが線路に立ち入り中央線が緊急停車する様子が動画で撮影されていました。彼らが止めたのは回送の数本前の普通列車で、電車が止まると一目散に逃走しました。警察が出動する騒ぎとなり、動画提供もあってか特定され書類送検となりました。

警視庁によると千葉市の男(28)と愛知県の男(23)は、鉄道敷地内に立ち入った鉄道営業法違反の疑いが持たれています。

人は容疑を認めていて、愛知県の男は「高く売れるいい写真を撮りたかった」と供述しています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事