12月11日、伊豆急行に譲渡されたJR東日本209系2100番台ですが、伊豆急3000系として8両編成になることが明らかになりました。

伊豆急3000系が登場

JR東日本から伊豆急行に譲渡された209系2100番台C601・C609編成ですが、新形式は3000系になります。4+4両の8両編成です。それぞれ6両編成でしたが、C601編成は2両が譲渡対象外、C609編成は2両が部品取り用車両となっています。

老朽化した8000系を置き換えると思われます。塗装などは決まっておらず、無塗装での撮影会が行われました。2022年春運行開始予定です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事