3月28日、長野電鉄で迷惑鉄道ファン集団による迷惑行為がありました。

金を払わない鉄道ファンによる迷惑行為が多発

Originally tweeted by アサマックス(ASAMAX) (@High_Rail_Koumi) on 2022年3月28日.

鉄道ファンの集団が撮影にため、長野電鉄の沿線で道路を占拠しました。脚立や三脚を無断で設置し、通行が全くできない状態になってしまっています。また、県外ナンバーのレンタカーによる迷惑駐車が目立ちました。

同日には、長野電鉄3500系N7編成+N8編成を使用した団臨が須坂〜長野〜信州中野間でありました。2+2の4両での運行は珍しく、N7編成が3月31日に引退し4両編成が見納めになるため多くの鉄道ファンが押し寄せました。

この団臨は複数回にわたって行われているものの、最低催行人数ギリギリで集客に苦戦しているようです。鉄道ファンは鉄道会社に極力お金を払いたくないため、わざわざレンタカーでやってきて迷惑行為を繰り返しています。

車や通行人が来ても圧力をかけてどかなかったり、暴言・暴行沙汰になることが多いので、鉄道ファンによる撮影のための道路占拠は問題になっています。

現場に居た鉄道ファンが啓発のため画像を公開しましたが、鉄道ファンからは「場所取りできなかった腹いせで晒した」と全く自浄作用は機能しないようです。一般人からは「情けない」「同じ写真しか撮れないのか」と批判の声が相次いでいます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事