JR西日本は2023年4月1日購入分から一部割安な運賃区間の値上げに踏み切ると発表しました。

これにより、沿線住民の方には少なからず影響が出そうです。

一体なぜ値上げに?理由は?

今回のJR西日本の値上げはなぜ行われるのでしょうか?理由は新型コロナウイルスによる厳しい経営状況としています。

見直しがされるのは普通運賃のほか、通勤定期の1か月・3か月・6か月のいずれか、もしくは全部となっています。

運賃が見直されるのは大阪高槻間、大阪神戸間などの34区間で、私鉄と競合するために割安運賃を設定していた区間が値上げとなります。

また、65区間は6か月定期だけを見直す区間で、大阪~京都の定期券が約5000円値上げされます。

並行私鉄と同水準の設定にする区間も

今回の値上げで、並行する私鉄と同水準にする区間も存在します。

具体例としては新田・JR小倉発着などでこの区間は並行する近鉄の大久保・小倉駅と競合区間にあります。そのためこれまで割安な運賃を設定していたというわけです。

しかしながら今回の値上げで並行する近鉄と同水準の運賃に変更となります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事