JR東日本は東京2020オリンピックに合わせた終電以降の臨時列車の運転を取りやめると発表しました。

ただし、会場最寄までの臨時列車については現在協議中ということで、後日発表されます。

運転が中止となった列車

山手線など首都圏21線区で運転される終電後の臨時列車が対象となります。日中・深夜に臨時列車を行う線区では深夜に運転される列車が今回の運転中止の対象です。

まだ運転が検討されている列車

運転が検討されているのは、日中に運転される臨時列車「鹿島スタジアム号」伊豆方面の臨時快速列車、夜行新幹線、その他新幹線などの臨時列車です。今のところ無観客が決まったのは東京・千葉・埼玉・神奈川のため、茨城県・静岡県・東北で実施される場合には無観客にならなければ、運転される見込みです。

ただし、全会場で無観客となった場合にはその他の臨時列車も運転されないと思われます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事