JR東日本は上越線浦佐~水上間で6日は始発運転を再開すると発表しました。高さ推定1.5m以上の雪を除雪し運転が再開されます。

これには懸命な除雪作業員の姿がありました。

除雪作業の様子

JR東日本より

こちらは実際の除雪作業の様子です。線路に大雪が積雪しているのが分かります。

JR東日本より

こちらの写真を見ると雪の壁が約1.5m以上あることが分かり、この中を懸命に除雪作業している様子が分かります。

除雪作業員の方には感謝しかない

JR東日本より

メディアではあまりこういった様子は取り上げられることがありませんが、極寒の中、除雪作業の方々の上に上越地方の鉄道輸送が成り立っているんだと、しみじみ感じます。18きっぷを使って上越線に乗車する方は心の中で「ありがとう」と言いたいですね。

新幹線振り替え輸送も18きっぷ勢が常識外れの乗車をしたため21年12月31日以降無くなってしまったのが少し残念ですが、日常がまた戻ってくることは嬉しく感じている人も多いのではないでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事