11月28日、線路切り替え工事のため青梅線の拝島~青梅間で全列車運休となりました。

河辺・青梅にバス代行輸送

青梅線の拝島~青梅間で全列車運休となりました。そのため青梅線は拝島で折り返し運転を行いました。運休区間はバス代行が行われ青梅行の他に途中の河辺行がありました。

京王や西東京、西武バスなど各バス会社の車両が集められ方向幕は「JR代行 青梅駅」という表示がされていました。そのためバスマニアからも注目が集まっていました。道路の混雑により遅れがみられました。

中央線では「各駅停車河辺行」の表示が見られました。定期運用でも平日の早朝に武蔵小金井始発で2本、休日の夕方に東京始発で1本ありますが、現在はE233系の各駅停車運用は消滅しているためこの種別が表示されることはありません。一瞬表示されただけなので誤表示だと思われますが、この表示は珍しいです。

牛浜駅では順調に工事が進められており、作業開始から約90分余りで下り線を西側にずらしていました。予定では29日の6時40分に運転を再開します。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事