2021年3月13日のダイヤ改正をもって定期運用を終了した185系車両を純金製185系・記念入場券を発売すると発表しました。

純金の185系セットの概要

セット内容は185系の2両とレプリカの入場券がセットとなっています。

アタッシュケースと思われるケースに入れられて送られてくるということです。

金としての価値は約278万円 JR東日本は1つでも売れればおいしい商売?

重さは185系車両が1両あたり200g、レプリカ入場券が14グラムで純粋に金の値段だけ考えると、1gあたり6738円として時価総額は278万9532円となります。残りの700万が加工費およびJR東日本の利益になると思われます。

JR東日本側からすると今回の商品が1つでも売れればかなりおいしいのかもしれませんね。今回の販売は完全に受注生産となり、2021年3月18日10時~4月30日23時59分まで「JRE MALL」で受け付けているということです。

純金の185系の発送は約2か月後に届くということです。

185系が好きでお金持ちの人は買ってきてもいいかもしれませんが、資産価値として考えるとかなりの割高感を感じますね。お金がない方はNゲージに金メッキ加工をすればそれっぽいものをもしかすると作れるかもしれませんね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事