JR北海道は常備乗車券を北海道新幹線各駅で発売すると発表しました。発売される駅は新函館北斗・木古内・奥津軽いまべつとなっています。

概要・値段

今回発売される常備乗車券ですが、2021年3月26日㈮の各発売窓口の営業時間から発売となります。

値段は次の通りです。

新函館北斗駅は、新函館北斗→木古内860円、新函館北斗→奥津軽いまべつ2420円。

木古内駅は、木古内→新函館北斗860円、木古内→奥津軽いまべつ1680円。

奥津軽いまべつ駅は奥津軽いまべつ→木古内1680円、奥津軽いまべつ→新函館北斗2420円。

また、今回の常備乗車券にはオリジナル台紙が付いてくるということで、台紙3枚をつなげると「何かが起こる」ということです。購入した際には裏面3枚をつなげてみてはいかがでしょうか。

注意点

今回発売される常備乗車券は「乗車券のみ」となっているため、北海道新幹線に乗車する場合には別途新幹線特急券が必要です。

また、発売枚数については今回記載がなく、恐らく当日に発売枚数が発表されるものと思われます。無くなり次第終了となります。

小児用の設定はありません。

各駅の常備乗車券の券番号の0000~0010までは沿線地域に関係する方々へ進呈をするため、発売はありません。一般人の方は0011番から購入となります。

また、乗車券の購入時の日付がそのまま印刷される形となるため、乗車券としての価値は当日までしかないということになります。日付を発売日より前にずらす前売りはしないことが告知されていますのでご注意ください。

お買い上げ後に乗車券の払い戻し、乗車変更をする場合には原券は回収するということです。乗車変更の場合は通常の様式で変更がかけられる形となります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事