箱根登山鉄道は2020年12月16日~18日の3日間、箱根湯本~強羅間で運休すると発表しました。

また、運休する区間ではバスによる代行輸送を実施します。

振り替え輸送の概要

運休区間は箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅間で、箱根湯本~小田原間の小田急線と、強羅から早雲山のケーブルカーについては運休の対象外となり、通常通りの運行となります。

今回、リフレッシュ工事する理由として老朽化した鉄道施設を集中的に補修をするということです。

【振り替え輸送】バス時刻表・運行ダイヤ

代行バスについては通常路線バスとして走っている系統が2系統、それとは別に今回のリフレッシュ工事限定で、「各駅停車タイプ」と途中の停車駅には止まらない「直行タイプ」が運転されます。

このうち路線バスと書かれているバスはSuicaなどの交通系ICカードが利用できますが、代行バスと書かれているバスでは交通系ICカードは使用できません。

逆に代行バスでは乗車券・定期券のみで乗車できますが、振り替え輸送の路線バスについては「振り替え乗車証」の受け取りが必要です。

また彫刻の森駅は一部系統が降車専用となっています。

振り替え輸送のダイヤは次の通りとなります。途中の駅に停車しない系統があるので、観光で行く方はご注意ください。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事