JR北海道は「HYBARI」型水素車両を投入すると発表しました。また、721系電車については2030年度までに置き換えを開始すると発表しました。

水素型車両投入 H100形を早くも置き換え

JR北海道はH100形気動車とJRバスの既存の路線バスは燃料を使用しているため、今後軽油燃料からCO2に切り替えると発表しました。

今後水素電車に置き換えをすることが発表されていますが、JR東日本の試験車両「HYBARI型」水素車両を投入すると見られており、JR北海道の発表の中で最も衝撃的なものとなりました。

老朽化の快速エアポートなどに使用の721系も置き換えへ 2030年までに引退へ

721系

長年、快速エアポート等に使用されてきた721系電車ですが、2030年度までに引退が発表しました。置き換えによってCO2を削減し、新型車両を投入するということです。

今後新型車両投入にも注目が集まります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事