2022年2月10日、JR北海道オホーツク号が普通列車で特急代走が行われました。

特急代走の様子

こちらは実際に特急オホーツク2号が代走した時の様子です。特急列車代走で使用された車両はキハ40形2両でした。

ダイヤ改正でますます活躍の場所が減っているキハ40形ですが、思わぬ形で使用されることになりました。

特急オホーツク号に使用されるキハ183系も老朽化が進んでおり、車両不具合などがあったのでしょうか?

珍しい光景に鉄道ファンからは様々な意見が出ています。

特急オホーツク2号代走に対する反応

確かこの場合って、オホーツクって名前じゃなくて特急代行で運行して、特急券は払い戻しされるし特急券持ってない人も追加料金無しで乗れるから乗り得列車ではあるよな。

特急代走のキハ40、普通の人なら迷惑だろうけど、俺は乗ってみたい。キハ40の全力疾走がとんなものなのかを体験してみたい。

代走とは言え2 両編成で積み残しが出ないのが悲しい現実なのか••

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事