西武鉄道は西武10000系レッドアロークラシックですが、9年半で定期運行を終了すると発表しました。また、西武鉄道では「ラストランキャンペーン」を実施。記念乗車券についても発売されるということです。

「さよなら『10000系レッドアロークラシック』記念乗車券」発売

発売期間は2021年3月27日㈯7時~14時、先行発売は本川越駅の特設販売会場で行われます。

一般販売は2021年3月29日の発売駅営業開始時刻から5月31日の終電までとなっています。池袋・所沢・西武新宿駅で実施されます。

有効期限は3月29日~5月31日までとなっています。

発売金額は1セット1000円で、池袋から350円、所沢210円、西武新宿440円となっています。またD型硬券3枚とオリジナル台紙がセットとなっており、先行発売で2000セット、一般販売は3000セットでおひとり様2セットまで販売となります。

記念オリジナルグッズは4種類発売

レッドアロークラシックラストランフェイスタオル1200円、ラストランクリアファイル300円、アクリルキーホルダー500円、マグネット500円の4種類が発売されます。

ラストランロゴが10105編成に掲出 新宿線定期特急列車で運転

ラスロランロゴを掲出し、新宿線定期特急列車として運行するということです。

掲出期間は2021年4月16日~4月29日まで、掲出車両は10000系レッドアロークラシックは1号車・4号車・7号車に掲出されます。ダイヤについては今のところ出てきていませんが、西武線アプリの列車位置情報で「ラストラン」の編成が分かるような表示がされていますので、それをチェックして乗車してみるというのもいいのではないでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事