2月14日、地震の影響で仙台地区では在来線が終日運休となります。

仙台駅損傷で終日運休に

13日に発生した地震の影響で、仙台駅では床が抜け落ち天井が落下するなどの被害が出ました。そのため同駅では乗客を全て追い出して施錠をし、外は帰宅難民となりました。

そのため仙台地区の電車は駅間で立ち往生することになりました。

なお仙台近郊では駅の復旧作業や安全確認のため、14日在来線で全線運休するとの情報が出ています。JR東日本のホームページには記載されていないので、同地区を利用する方は注意が必要です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事