9月6日、吾妻線の車内で爆睡する人が話題になっています。

ドア前で横になり爆睡

https://twitter.com/shigeru113115/status/1302416015171579904?s=19

ツイッターで吾妻線普通列車の車内でドア前に寝そべり爆睡している男性が話題になりました。これだけ見ると睡眠障害等のやむを得ない事情の可能性がありますが男性の行動を見るとそうではなさそうです。

投稿者によると男性は写真のような体勢で中之条から群馬大津まで爆睡していたとのことです。実に30分以上に及びます。滑り止めの黄色いシートがまるで横になるためのマットに思えてきそうですが乗降の妨げになっています。

https://twitter.com/shigeru113115/status/1302437670379905025?s=19

男性はその後群馬大津で下車したのですがなんと折り返しの電車に再び乗車して今度はロングシートに仰向けになり爆睡をしました。群馬大津の56分間何をしていたのか不明ですがわざわざ電車に乗り込みこのような方法で寝るとは車内を仮眠ができるネカフェ代わりにでもしているのでしょうか。

中之条(9:48)→群馬大津(10:23)をドア前で横になりD新台、群馬大津(11:19)→新前橋(12:38)をロングシートに横になりC新台 ※新前橋とありますが降りた駅の言及はなく途中の小野上の時点では睡眠が確認できたため便宜上新前橋としています。

実際に正しく運賃を支払っているかは不明ですが中之条から群馬大津と群馬大津から新前橋は1680円します。乗車時間が合計2時間弱程度ですから仮眠が目的なら本当のネカフェの方が圧倒的に安いです。他の乗客も居ますし車内の床は非常に汚いですから今回の行動は良いとは言えませんね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事