12月12日、東京総合車両センターで留置されていた山手線余剰車両4両が解体されました。

山手線のサハE231形4600番台が解体

東京総合車両センターで留置されていた元山手線の余剰車両4両が、本日から解体作業が行われています。留置されてるのは元トウ502~506編成の10号車だったサハE231-4602,4604,4605,4606で総武線への転属時に余った車両です。いずれも9月10日付けで廃車となっています。

今回はサハE231-4606が解体されました。同車両は2011年製造で約9年しか経っていません。にもかかわらず目視で確認できる範囲では部品取りなどは行われておらず、全て解体されました。ネット上では「もったいない」との声が上がっています。

残りの3両も近日中に解体されると思われます。また長野総合車両センターでは元常磐線のE231系余剰車両が解体線に入ったのでそちらも気になりますね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事