9月23日、E257系2000番台オオNA-06編成が秋田総合車両センターを出場し、所属先の大宮総合車両センターに配給輸送されました。

完成まで1年3ヶ月かかった特殊な編成

https://twitter.com/srn42355/status/1308668798279405569?s=19

NA-06編成は2000番台でありながら塗装が0番台時代の旧塗装のである武田菱塗装のままという異彩を放っていた編成でしたが、秋田総合車両センターで未施工だった塗装と内装が改装されて、所属先へ配給輸送されました。

同編成が最初に入場したのは2019年6月10日で、入場先はJ-TREC横浜事業所でした。その後不完全な状態での出場を繰り返し、最終的に完成まで約1年3ヶ月かかってしまいました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事