ゆりかもめは開業初期から活躍していた7200系を鉄道の日2020年10月14日をもってラストランを迎え、引退したと発表しました。

この車両を見て「ゆりかもめと言えばこの車両」と思っていた人も多いのではないでしょうか?

【初期ゆりかもめ7200系】有明~豊洲延伸開業前から活躍

今回ラストランとなったのはゆりかもめ7200系第26編成です。

登場したのは1999年で約21年間活躍しました。1999年の開業当初は新橋~有明間のみの開業で、新橋からわずか400mの場所にある汐留駅もまだ開業していませんでした。

ほかの車両は7300系と7500系がありますが、2014年以降に登場した車両であり、豊洲開業から8年後に導入された車両となっています。

これにより、ゆりかもめから「クロスシート」が消滅することになり、全車両がロングシートになります。

ネット上ではゆりかもめ「7200系」の一般人からも引退を惜しむ声も

「ゆりかもめと言えばこの車両だった。」

「21年間お疲れさまでした。」

今回引退した7200系に対し、ネット上では鉄道ファンの方はもちろんのこと、一般人からも引退を惜しむ声・今までの活躍に労いの言葉を述べている人もいたようです。

長い間お疲れさまでした。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事