JR東海は東海道新幹線「のぞみ」を海の日の3連休に合わせて7/22、7/23、7/26に臨時列車を追加運転します。今回「お客様のご利用状況を踏まえて」ということですが、7/22から開始となる「Go to travel特需」に合わせて増発された形です、

JR東海 東海道新幹線「のぞみ」臨時列車の概要

運転するのは7/22はのぞみ429号新大阪行き、夕方の下り列車で運転します。

7/23は海の日の3連休でのぞみ141号博多行き、のぞみ215号新大阪行きがそれぞれ増発されます。

7/26は海の日の3連休最終日、のぞみ390号東京行きは都区内の各駅に18時くらいに戻れる列車で、同時間帯での混雑にあわせて増発されます。

海の日3連休は7/23が出発ピークの見通し 8時半の列車は既に普通席が満席

新型コロナウイルスの影響で利用が減っているとはいえ、7/23に東京駅出発の「のぞみ」は8時半前後の列車で満席か空席わずかになっています。これから徐々に同時間帯の座席が埋まっていくと思われます。

海の日の3連休にご旅行を検討されている方は指定席の予約は早めにしておいた方がいいかもしれませんね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事