JR東日本は相模線に新型車両E131系500番台を導入すると発表しました。営業運転の開始は2021年秋頃から開始予定です。

E131系500番台は4両編成12本48両製造予定

形式は房総半島向けと同じE131系で相模線に導入されるため500番台となり、車体番号もE131-501から始まります。営業運転開始は2021年秋頃で、現在新潟県のJ-TREC新津事業所で第一編成の製造がおこなわれています。

投入線区は相模線(茅ヶ崎~橋本間)、また一部横浜線に直通する列車についても運転されます。(朝夕一部の直通列車)

ワンマン化実施・相模線減便へ 

また、今回のE131系500番台にはワンマン運転ができるようになっており、相模線でワンマン運転が実施されると思われます。※ワンマン運転とは車掌がおらず、運転士のみが乗務すること。

相模線の運行本数が早ければ2022年春のダイヤ改正に減便が実施される見込みです。これは現在運行している205系500番台の本数が4両編成13本に対して、E131系500番台は4両編成12本しか導入されず、4両編成1本が減車されているためで、今後のダイヤ改正で減便についても注目されます。

車内の特徴・車両諸元

特徴としては次の通りです。

  • 半自動機能搭載ドア
  • 空調機能の改善
  • 座席幅拡大・低座面化、
  • 客室拡大
  • フルカラー行先表示機(前面側面)
  • 多言語による情報提供
  • ドア上に大型ディスプレイ(17インチ)
  • 車内確認カメラ設置
  • ホームとの段差軽減
  • 乗務員室防犯カメラ設置
  • 非常通話装置増設
  • 線路設備状態確認装置の搭載
  • 各車両にフリースペース設置
編成構成2両編成(1M1T)
最高速度110km/h
車体幅2950mm
車体ステンレス製
座席幅460mm
シートロングシートのみ
制御方式VVVFインバータ制御(SiC素子)
回生ブレーキ
主電動機全閉型誘導電動機
補助電源装置静止型インバーター
コンプレッサースクロール式(オイルフリー)
戸閉装置電気式(ラックアンドピニオン方式)
情報提供装置液晶ディスプレイ
車両状態監視機能あり
線路設備状態監視機能あり(一部)
ワンマン運転対応機器
(乗降確認カメラ等)
あり

関連記事

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事