西日本鉄道(通称:西鉄)は普通・通学回数券を2021年7月31日に廃止すると発表しました。

今回の廃止は新型コロナウイルスによる乗客減少で経営が悪化したことが主な原因と思われます。

廃止される回数券一覧

廃止されるのは「普通回数券」「通学回数券」でいずれも有効期限は発売日から3か月間有効。ただし、障がい者用の普通回数券については継続して発売するということです。

また、発売終了後も有効期限内であれば利用できます。

コロナで続々と回数券が廃止に 経営悪化で

西鉄では2020年9月30日に交通系ICカード普及に伴って「パルチケット6」が発売終了となっているほか、JR各社でも新型コロナウイルス以降、回数券の廃止が相次いでいます。

JR東海回数券終了(2022年3月31日予定)

JR西日本回数券終了

JR九州回数券終了

JR東日本新幹線回数券終了

京阪回数券終了

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事