JR東日本上越新幹線が高崎線の普通列車に敗北してしまったとの情報が入ってきました。一体なぜこのような事態が発生してしまったのでしょうか?

新幹線が普通列車に負ける珍事 一体なぜ?!

上越新幹線イメージ

上越新幹線が高崎線の普通列車に負けたとはどういうことでしょうか?敗北が決まった区間は高崎~大宮・上野・東京間です。

普通は新幹線が普通列車よりも遅いということは考えにくいですが、一体なぜ起きてしまったのでしょうか?

原因は「東北新幹線の遅れ」です。2022年1月1日に東北新幹線の東京~仙台間が一時運転見合わせとなりました。

大宮から東京までは上越新幹線も線路が同じため、その遅れが上越新幹線にも波及したというわけです。

その結果、上越新幹線は最大89分遅れで運転されていた結果、高崎線普通列車の方が早く着いてしまうという事態になってしまいました。

【衝撃】普通列車より遅かったのに特急料金は払い戻しなし

今回上越新幹線が普通列車より遅く到着したのにも関わらず、特急料金が払い戻しとなりませんでした。「特急料金が払い戻しにならないなんてふざけている」と思っている方もいるかもしれません。

ただ、これは規則上は正当な取り扱いです。新幹線の特急料金が払い戻しになるのは120分以上の遅れが発生した時のみ。今回の遅れは89分なので、払い戻しが無いということになります。

「新幹線を利用しなかったら無手数料で払い戻す」ということも例外的に存在し、もし途中で普通列車に乗り換えた場合には払い戻しが受けられる場合がありますので、駅員さんに聞いてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事